ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ
HOME  >  番組案内  >  おで活!  >  加賀のカニと漆器 新しい楽しみ方

Program

おで活

いしかわの観光 おで活!
エリアマーク
2015年テーマ
旅のベストショット

加賀のカニと漆器 新しい楽しみ方

(2016年1月6日放送) 加賀市

加賀市の魅力は、食の分野では「カニ」。そして、伝統工芸では「漆器」。そんな古くからの魅力を新しい方法で楽しもうという試みが行われています。ぶんぶんボウルが目にした、驚きの切り口とは?

カニ尽くしの料理の数々
イチオシの石焼カニメシ
山中漆器の工房を構えるご主人と

キーワード

加賀市 カニ 加賀カニごはん 漆器 山中漆器

おで活!スポット

◆割烹加賀
・加賀市山代温泉桔梗丘2-73
・TEL:0761-76-0469
・11:00〜14:00、17:00〜23:00(定休:火曜日)
・ひつまぶし風石焼カニめし 1,800円(税込)
※加賀カニごはんは、割烹加賀を含めて7店舗で展開中。

◆うるしの器 あさだ
・加賀市山中温泉菅谷町ハ215
・TEL:0761-78-4200
・9:00〜17:00(定休:日曜日午後)
・山中漆器絵付け体験 1,500円〜5,000円(税込)

情報は放送日時点のものです。
変更になっている場合もありますのでご了承ください。

関連リンク

加賀市公式ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます
KAGA旅・まちネット(加賀市観光交流機構)このリンクは別ウィンドウで開きます
加賀カニごはんこのリンクは別ウィンドウで開きます
割烹加賀 ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます
うるしの器あさだ ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

奥能登エリア

中能登エリア

金沢エリア

加賀エリア

石川のおでかけ情報

これから開催されるイベント

6月29日~7月1日
タスキでつなぐ白山登山・白山お水返しオープニングセレモニー(白山市)
手取川河口の伏流水を採水し、タスキリレー形式で人と人をつなぎ白山室堂に返します。「タスキでつなぐ白山登山」「白山お水返し運動」は、白山室堂営業期間終了まで実施します。
詳しい情報はほっと石川旅ネット
閉じる
6月30日
氷室開き(金沢市)
金沢の奥座敷・湯涌温泉で毎年実施。加賀藩が徳川家に雪氷を献上した、歴史に由来する伝統行事で、冬に詰めた雪をこの日に切り出します。金沢では7月1日に氷室饅頭を食べ、1年の健康を祈る習慣があります。
詳しい情報はほっと石川旅ネット
閉じる
7月5日
不動滝滝開き(中能登町)
毎年、7月5日に夏の訪れを告げる滝開きが行われており、石動山の修験者の足跡を偲ぶことができます。20メートルから流れ落ちる滝打たれの行では、訪れる人々の安全を祈願します。滝打たれの体験を希望する方は、申し込みが必要です。
詳しい情報は中能登町観光サイト
閉じる
7月7日
石動山開山祭(中能登町)
毎年、7月7日石動山の開祖である泰澄大師(たいちょうだいし)の命日に合わせて行われています。県内外からの参拝者が訪れ、霊験あらたかなイワシガ池の水を持って帰る風習があります。
詳しい情報は中能登町観光サイト
閉じる
7月7日~8日
あばれ祭(能登町)
宇出津地区で開催。初日の夜、約40本のキリコは太鼓や鉦を鳴らしながら、大松明の周りを火の粉を浴びながら暴れ回るように練り廻り、祭りは最高潮に達します。翌日の昼ごろ、町内の渡御を終えた神輿は、海の中や置き松明の火の中に入れられます。
詳しい情報はほっと石川旅ネット
閉じる
7月8日
七尾祇園祭(七尾市)
大地主神社(山王神社)の夏祭りで「東のおすずみ」とも呼ばれます。午後11時ごろのクライマックスでは、大地主神社の境内のかがり火をめぐり、11基のキリコが所狭しと勇壮乱舞します。
詳しい情報はななoh!ネット(七尾市観光協会)
閉じる
7月15日
かほく里山里海フェアin道の駅高松(かほく市)
特産品の販売やチャリティーもちつきなどのイベントが行われます。子どもに人気の「にゃんたろフワフワ」も設置。夕暮れ時だけにオープンする夕陽カフェも人気です。夕陽と一緒に記念撮影やスイーツ、足湯が楽しめます。10:00~19:00開催。
詳しい情報はほっと石川旅ネット
閉じる
7月15日
大聖寺灯ろう流し(加賀市)
大聖寺地区の古九谷の杜公園で19:00から開催。地元の子供たちが、この日のために心をこめて作った灯ろうが、公園を流れる熊坂川に流されます。
詳しい情報はほっと石川旅ネット
閉じる
7月15日~16日
白山まつり(白峰)(白山市)
泰澄大師が白山を開山したことを起源とする祭りで、白峰地区の伝統と文化が息づいています。白山開山1300年を記念して15日19:00から1300人の輪踊りを実施!みんなで輪踊りに参加しましょう!
詳しい情報はうらら白山人
閉じる
7月16日
あわびまつり(輪島市)
輪島市マリンタウンにて8:30~14:00。「あわび」や「さざえ」を思う存分堪能できる『あわびまつり』が今年も開催。さざえ釣りコーナーや、購入したものをその場で焼いて食べられる炭火焼きコーナーなどをご用意します。
詳しい情報はほっと石川旅ネット
閉じる
7月16日
恋路火祭り(能登町)
沖に浮かぶ弁天島、美しい白浜の浜辺の恋路海岸。恋の伝説が残る舞台にふさわしく、幻想的な松明が灯り、勇壮なキリコが練り廻ります。
詳しい情報はほっと石川旅ネット
閉じる
7月20日~8月31日
大滝流しそうめん(津幡町)
津幡町河合谷地区の東にある木窪。この郷にある木窪大滝は津幡町最大の滝で、年中落水が絶えません。深い緑に包まれた周辺一帯の大滝公園の楽しさもさることながら、夏季の期間中は、滝見舞台での流しそうめんが食べられます。
詳しい情報は津幡町観光ガイド(PDF)
閉じる
7月20日~21日
飯田町燈籠山祭り(珠洲市)
高さ約16メートル、重さ約5.5トンもの燈籠山が飯田町を曳きまわされます。一番の見ものとなる「燈籠山(とろやま)」のほかに、8基の山車と榊神輿が運行。1日目の夜間には吾妻橋に勢ぞろいし、花火の打ち上げで一番の見どころとなります。
詳しい情報はすず観光ナビネット
閉じる
7月22日
塩津かがり火恋祭り (塩津納涼祭)(七尾市)
旧中島町塩津地区にある氏神社(山手側:日面神社、海側:唐島神社)の祭礼。キリコと神を乗せて海上を廻るところは、能登キリコ祭りの中でも異彩を放ちます。海上に漂う蓮の葉と照らし出す約2000個の灯明が幻想的です。19:00~24:00開催。
詳しい情報はななoh!ネット(七尾市観光協会)
閉じる
7月23日
長谷部まつり(穴水町)
穴水城主、長谷部信連を偲ぶ祭り。華やかな時代絵巻を武者行列で表現します。夜は穴水湾内で、屋形船や灯籠流しも行い、こちらも見ものです。
詳しい情報はほっと石川旅ネット
閉じる
7月29日~30日
かほく四季まつりサマーフェスタinかほく(かほく市)
かほく市のまつりで一番大きいイベント。海会場(外日角海岸周辺など)では地引網体験やビーチサンダル跳ばし大会、川会場(大海川)では鮎のつかみどり体験、市役所周辺の会場では猫にゃんグランプリや花火大会など盛りだくさんの内容で行われます。
詳しい情報はほっと石川旅ネット
閉じる
7月29日
能登島向田の火祭り(七尾市)
能登島町向田にある崎山広場で20:00から開催。火のついた長さ1.8メートルのたいまつ約200本を大たいまつめがけて投げつけると、やがて天をも焦がさんばかりに燃えさかり、壮観をきわめます。大たいまつが倒れた方向で豊漁・豊作を占います。
詳しい情報はほっと石川旅ネット
閉じる
7月29日~30日
山代大田楽(加賀市)
服部神社前特設会場にて20:00~21:30。中世に大流行したという謎の芸能「田楽」を、野村万之丞氏が現代によみがえらせた「大田楽」。神秘的な笛の音とかがり火を背景に、奇抜な衣装をつけた人々が躍動感あふれるリズムと踊りを繰り広げます。
詳しい情報はほっと石川旅ネット
閉じる
7月30日
大日川清流フェスティバル(白山市)
出合大橋~別宮大橋間の大日川で、鮎のつかみ取り体験ができます。大人も子供も鮎を追いかけ、大はしゃぎ!自分でとった鮎をその場で焼いて食べられる炭焼きコーナーもあります。
詳しい情報はうらら白山人
閉じる
7月31日~8月1日
名舟大祭(輪島市)
夏の輪島を彩る名舟地区の祭りで21:00から開催。海上に建立された鳥居まで漁船に乗った神輿が海上渡御し、子供組から若衆組と御陣乗太鼓の奉納打ちが披露されます。
詳しい情報はほっと石川旅ネット
閉じる

開催中のイベント

6月15日~7月15日
穴水まいもんまつり夏の陣”さざえまつり”(穴水町)
四季折々の旬の食材をテーマにしたフルコース(一律3800円・税抜き)、単品メニューを味わえるイベント。夏はさざえがテーマです。穴水の海が育んだ柔らかな肉質のさざえを、お造り、つぼ焼き、さざえご飯などフルコースメニューで味わってください。
詳しい情報はほっと石川旅ネット
閉じる
6月4日~7月17日
白山高山植物園一般公開(白山市)
1年に1度、1か月間だけ一般公開を行う白山高山植物園(白山市白峰西山)。多くの方に野生植物のたくましさ、もともと過酷な地で生きる白山の高山植物の生命力の強さを見ていただきたいと思います。
詳しい情報はほっと石川旅ネット
閉じる
4月9日~10月31日
那谷寺 本尊十一面観音千手観世音菩薩御開帳(小松市)
那谷寺の秘仏である御本尊「十一面千手観世音菩薩」が安置されている厨子の扉を開く、33年に一度の法要「御開帳」。御本尊のお姿は、いにしえより続く那谷寺の歴史の息吹を感じられ、芭蕉も称賛した那谷寺の魂の原点を見ることができます。
詳しい情報はほっと石川旅ネット
閉じる

自動リンク用画像設定

以下の画像およびコメントは、Webページ上では非表示となります。

このページのトップへ