ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ
HOME  >  番組案内  >  おで活!  >  温モビに乗って温泉街へ

Program

おで活

いしかわの観光 おで活!
エリアマーク
2016年テーマ
地元ツウが教える とっておきの旅

温モビに乗って温泉街へ

(2016年8月10日放送) 加賀市

加賀温泉郷に超小型電気自動車「温モビ」が新登場!これに乗って名所やグルメを楽しもう。3月から提供を始めた加賀パフェは地元の食材を使ったご当地デザート。そのお味は?

絶景の中にある川床
加賀カニごはん
各店工夫を凝らしています
地元の食材を使った
「加賀パフェ」新登場!

キーワード

加賀市 温モビ 山中温泉 山代温泉 片山津温泉 カニごはん 加賀パフェ

おで活!スポット

◆温モビ(ぬくモビ)
・2人乗りの超小型電気自動車。山中・山代・片山津でレンタルできます。
・3時間3,300円(税込み)

◆カーサフォルトゥーナ~幸せになる店~ ※加賀カニごはん提供店
・加賀市作見町ラ18-7
・TEL:0761-74-5088
・11:30〜15:30(LO14:30)、18:00〜22:00(入店20:00まで)(定休:月曜日、第3日曜日)
・カニの甲羅スペシャルリゾット&カニトマトパスタ 1,950円(税込み)
※デザート・コーヒー付き
※加賀カニごはんは市内5店舗で提供。

◆まちカフェ(加賀片山津温泉総湯)
・加賀市片山津温泉乙65番地2
・TEL:0761-74-5500
・10:00〜17:00(定休:木曜日)
・旬の彩り湯上りパフェ780円(税込み)
※加賀パフェは市内5店舗で提供。

情報は放送日時点のものです。
変更になっている場合もありますのでご了承ください。

関連リンク

加賀市公式ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます
KAGA旅・まちネット(加賀市観光交流機構)このリンクは別ウィンドウで開きます
加賀カニごはんこのリンクは別ウィンドウで開きます
加賀パフェこのリンクは別ウィンドウで開きます
加賀片山津温泉総湯(まちカフェ)このリンクは別ウィンドウで開きます

奥能登エリア

中能登エリア

金沢エリア

加賀エリア

石川のおでかけ情報

これから開催されるイベント

8月26日~27日
にわか祭(能登町)
高さ7メートル、幅5.4メートルの「にわか」と呼ばれる大奉燈9基が、能登町鵜川の街の中を駆け巡ります。当日は21時頃に出発し、町内を巡航した後、0時頃に海瀬神社へ入宮します。その後、神社境内にて朝方まで乱舞が続きます。
詳しい情報はほっと石川旅ねっと
閉じる
8月26日~27日
富来八朔祭礼(志賀町)
旧暦の8月朔日に祭礼が執り行なわれていたことがこの名の由来です。1日目の晩がお旅と呼ばれ、八幡神社の男神が住吉神社へ渡御されます。渡御に先立って、寄り合う各地区民が鐘や太鼓を打ち鳴らし、大小のキリコ(奉灯)を伴って八幡神社に参集します。
詳しい情報はほっと石川旅ねっと
閉じる
8月27日~29日
ぐず焼まつり(加賀市)
加賀市動橋地区の祭り。厄災にみたてた大きなぐず(ゴリ)をかついだ白足袋姿の若衆たちが「ワッショイ」と威勢のよいかけ声をかけ、細長い宿場町をねり歩きます。夜になると、ぐずは振橋神社に帰り、若者たちの手によって焼き払われ、その炎のもと輪踊りが行われます。
詳しい情報はほっと石川旅ねっと
閉じる

開催中のイベント

8月1日~31日
片山津温泉 納涼花火まつり(加賀市)
片山津温泉の中心部にある柴山潟の「湯の元公園」から「浮御堂」に出て眺める花火は絶景。また、反対側の湖畔から温泉の夜景と合わせて眺めるもよし、旅館のお風呂に浸かりながらゆったり眺めるのもよしと、いろんなバリエーションで間近に花火の大迫力が楽しめます。
詳しい情報はほっと石川旅ねっと
閉じる
7月20日~8月31日
大滝流しそうめん(津幡町)
津幡町河合谷地区の東にある木窪。この郷にある木窪大滝は津幡町最大の滝で、年中落水が絶えません。深い緑に包まれた周辺一帯の大滝公園の楽しさもさることながら、夏季の期間中は、滝見舞台での流しそうめんが食べられます。
詳しい情報は津幡町観光ガイド(PDF)
閉じる
8月5日~9月30日
灯りでつなぐ1300年(白山市)
加賀禅定道の中間にあたる白山一里野温泉スキー場にLEDライト3万個のイルミネーションが広がります。高原のさわやかな風と星空の下、光と音のシンフォニーをお楽しみください。
詳しい情報はほっと石川旅ねっと
閉じる
4月9日~10月31日
那谷寺 本尊十一面観音千手観世音菩薩御開帳(小松市)
那谷寺の秘仏である御本尊「十一面千手観世音菩薩」が安置されている厨子の扉を開く、33年に一度の法要「御開帳」。御本尊のお姿は、いにしえより続く那谷寺の歴史の息吹を感じられ、芭蕉も称賛した那谷寺の魂の原点を見ることができます。
詳しい情報はほっと石川旅ネット
閉じる

自動リンク用画像設定

以下の画像およびコメントは、Webページ上では非表示となります。

このページのトップへ